迷走の軌跡(点描)
あなたは7005番目の旅人です
No.16029798
2017/05/28 (Sun) 05:54:04
第84回東京優駿、予想
5月28日は、1905年に阿部定が生まれた日で、

https://ja.wikipedia.org/wiki/阿部定

1908年にイアン・フレミングが生まれた日で、

https://ja.wikipedia.org/wiki/イアン・フレミング

1910年に<tt>T-</tt>ボーン・ウォーカーが生まれた日で、

https://ja.wikipedia.org/wiki/T-ボーン・ウォーカー

1968年にカイリー・ミノーグが生まれた日。

https://ja.wikipedia.org/wiki/カイリー・ミノーグ


阿部定は、<a href="http://meisoukairo.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=7576523#date_15958558">第22回NHKマイルカップの予想</a>で書いたとおり
阿部定事件の犯人で、映画『愛のコリーダ』のモデル。


イアン・フレミングは、小説の007シリーズを書いた作家で、
これを原作とした映画の007シリーズの原作者。

映画『007』といえば、『007 ゴールドフィンガー』。

ゴールドフィンガーでは、
銃口から覗くオープニングや、ボンドカーが初めて登場し、
その後の映画007シリーズに踏襲されることになるのだけど、

でも、そんなことは、実はどうでもよく、
ゴールドフィンガーで、私が真っ先に思い出すのは、

<a href="http://meisoukairo.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=7587721#date_15979171">第12回ヴィクトリアマイルの予想</a>で書いた、金箔美人。
ま、実際には、金箔じゃなくて、金粉なんだけど。

ゴールドフィンガーどころか、
ウィキペディアで5月28日の項目を見ている途中、
イアン・フレミングの名前を見た瞬間に思い出したよ。

原作の小説に出てくるのかどうか、知らないけど。


<tt>T-</tt>ボーン・ウォーカーはアメリカのミュージシャンで、
この人が、あのTボーン・ウォークの愛称の由来。

『あの』と言うほど有名でもないのかもしれないけど、
Tボーン・ウォークは、<a href="http://meisoukairo.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=7536171#date_15907970">第155回天皇賞(春)の予想</a>に書いた
ホール&オーツのサポートメンバーというかベーシストで、
ホール&オーツが売れに売れていた頃を知っている人には、
それなりに、けっこう、有名人。

英語版ウィキペディアでは、Tom Walk の名前で載っている。

https://en.wikipedia.org/wiki/Tom_Wolk


カイリー・ミノーグは、オーストラリア出身の歌手で、
<a href="http://meisoukairo.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=7536171#date_15981291">第155回天皇賞(春)終了後に、追記として書いた</a>とおり、
Winkが歌った『愛が止まらない』の原曲を歌っていた人。


といった感じで、ウィキペディアで5月28日を調べていたら、
最近書いた内容に関連する人物が4人も出て来たのだけど、
これを、いったい、どう処理すりゃぁ良いのか、分からない。

とりあえず、NHKマイルカップ、ヴィクトリアマイル、及び、
天皇賞(春)の結果を見てみたのだけど、

特に、これといって、んー、何なんだろうなぁ?

この3レースの勝ち馬の馬番を選べば良いのかなぁ?
それとも、騎手かな? いや、単勝人気ってのもあるよなぁ?
天皇賞(春)の関連が2人ってのも気になるよなぁ?

全っっっ然、分かんねーなぁ ・・・
分かんねぇから、旧暦の5月28日も調べてみるかなぁ ・・・

で、旧暦の5月28日を調べてみたところ、

隅田川花火大会の由来というか起源が、享保18年5月28日の
両国の川開きにおける花火の打ち上げにあるのだそうな。

https://ja.wikipedia.org/wiki/隅田川花火大会
http://sumidagawa-hanabi.com/untiku_2017.html
http://www.koseki-enka.com/history.htm

享保18年5月28日は、西暦では、
というか、グレゴリオ暦では、1733年7月9日。


ってなところで、では、予想を。


一番手は、

7枠13番カデナ

隅田川花火大会の起源が、1733年。
1733年は、1700年代の '33年。 これを三十三と見ると、
カデナは3勝の馬番13番。 誕生日が3月30日。

鞍上の福永騎手は、天皇賞(春)で2着。


二番手は、

1枠1番ダンビュライト

隅田川花火大会の起源が、1733年。
17の33で、33を『三重の三』と読み替えれば、
ダンビュライトは、2017年に3連続で3着。

鞍上の武豊騎手は、天皇賞(春)で1着。


三番手は、

2枠3番マイスタイル

隅田川花火大会の起源が、1733年。
1733年は、1700年代の '33年。
マイスタイルの昆貢調教師は、昭和33年生まれ。

鞍上の横山騎手は、NHKマイルカップで1着。


四番手は、

6枠12番レイデオロ

隅田川花火大会は、今年、第四十回。
鞍上のルメール騎手の初騎乗と初勝利が、平成十四年。

鞍上のルメール騎手は、ヴィクトリアマイルで1着。


以上、予想、終わり。


当てる気が無さそうなそうな予想に見えて、実は、
一番手から三番手が、弥生賞の上位3頭だったりする。

・・・ と、いうことに、今、気が付いた (^^;
No.15996375
2017/05/21 (Sun) 06:45:45
第78回優駿牝馬、予想
今週の初め頃、4月20日に録画をし、その後、放っておいた
『VS嵐』(フジテレビ系)の編集作業を実施。

編集作業と言っても、何か大したことをしたワケではなく、
新木優子だけが映っている編集版を作っただけなのだけど、
その際、ちょっと、脳裏にひらめくものが。

「ん? もしかして、この人、あのCMに出てた人かも?」

この人、というのは、野崎萌香という人。
あのCM、というのは、2016年6月に放送されていた
キリンの淡麗グリーンラベルのCMのこと。

脳裏にひらめいた瞬間は、実のところ、
何のCMだったのか、もう、すっかり忘れていたのだけど、
記憶をまさぐり、検索を繰り返し、ようやく判明。

https://www.instagram.com/p/BLAxM12BOiU/
http://www.oricon.co.jp/prof/537196/cm/

このCMを見た時、

「あ、久しぶりに『さくら』が ・・・」
「ん? いや、別人か??」
「さくらに似てるなぁ ・・・」
「でも、さくらじゃないよなぁ??」
「さくらより若いよなぁ ・・・」

とか思っていたのだけど、
分かってみれば、んー ・・・、なぁるほどぉ ・・・
全然、似てない ・・・

https://www.google.co.jp/?gws_rd=ssl#q=さくら+タレント
https://www.google.co.jp/?gws_rd=ssl#q=野崎萌香

4月20日のVS嵐は、放送時にも観てたのだけど、
こりゃぁ、やっぱ、気付かんよ。 だって、似てないもん。

っていうか、まぁ、気にもしてなかったのだけど。
あのCMに出てたのが誰かなんて。

でも、なんか、すっきり。
なるほど、やっぱ、さくらじゃなかったのだね。


と、いったこととは、一切関係なく、
今日、5月21日は、第78回優駿牝馬。 っていうか、オークス。

そこで、いつもどおり、5月21日を調べてみたところ、
どうやら、この日は、1973年に、山口百恵が『としごろ』で
レコードデビューをした日らしい。

https://ja.wikipedia.org/wiki/山口百恵
https://ja.wikipedia.org/wiki/としごろ_(山口百恵の曲)

♪あなたにすべてを見せるのわぁ~
♪ちょっぴり恐くて恥ずかしい~
♪わったしぃがぁわたーしで なっくぅなるぅのぉ~

という、この歌を聞いた時、子供心に、

「あぁ、なるほどねぇ。
この歌は、きっと、ろくろっ首が人間に恋をしてしまい、
自分の正体をバラすかどうか、悩んでるんだねぇ」

などと思った記憶が ・・・ 無いっ! (そりゃそうだ)

っていうか、そもそも、
私が、この歌を1973年に聞いたのかどうかが、分からない。

この歌が出た時、私は5歳。

覚えていたとしても、おかしくはないけど、
でも、覚えてなくたって、おかしくない。

1976年の『横須賀ストーリー』になると、
もう、間違いなくテレビで観ていたと断言できるのだけど、
んー、『としごろ』は、どうなんだろうなぁ?

山口百恵はともかく、
私が、「放送当時に、テレビで観ていた」と断言できる
最も古い記憶は、アニメの『ハゼドン』。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ハゼドン

♪はぜはぜはぜどん
♪はぜはぜどん

という歌を覚えている。 物語は、一切覚えていない。

ただ、これもなぁ ・・・
最も古い記憶なのか、実は、怪しいんだよなぁ ・・・

新潟だとなぁ ・・・
遅れて放送されてた可能性があるんだよなぁ ・・・

どういうワケか、私にゃ、
マッハGoGoGoを観た記憶があるんだよなぁ ・・・

https://ja.wikipedia.org/wiki/マッハGoGoGo

♪マッハゴーゴー マッハゴーゴー
♪マッハゴーゴーゴぉ~

という歌と、家の白黒テレビの画面を覚えていて、
ハゼドン同様、物語は、一切覚えていないのだけど、

んー ・・・
これ、私が生まれる前のアニメなんだよなぁ ・・・


あっ! いかんっ!
話が脇に逸(そ)れまくってるっっっ!!!


え~っと、何だっけ? あ、そう、そう、ハゼドン。

ハゼドンは、1972年10月5日から1973年3月29日の放送で、
3月29日は、1983年に俳優の鈴木亮平が生まれた日。

https://ja.wikipedia.org/wiki/鈴木亮平_(俳優)

鈴木亮平は、2016年6月から放送された
淡麗グリーンラベルのCMにおけるメインキャストで、
サブキャストは野崎萌香。

野崎萌香は、現在27歳。 27をひっくり返せば、72 。
'72 は、ハゼドンの放送が始まった年で、初回は10月5日。

10月5日は、1980年に山口百恵のファイナルコンサートが
武道館で行われた日で ・・・

ん ・・・ ??

あ、そうだ。
ハゼドンじゃないよ。 山口百恵だよ。

5月21日は、山口百恵が1973年にレコードデビューした日、
ってところからスタートしなきゃなんだよ。

あぁ、まぁ、でも、どうせ戻って来たんだし、良いか。
え~っと、じゃあ、そうだなぁ ・・・、ん~ ・・・

1980年は、山口百恵が引退した年であると同時に、
ジョン・レノンが殺害された年で、広末涼子が生まれた年。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ジョン・レノン
https://ja.wikipedia.org/wiki/広末涼子

みんな日付は違うのだけど、
ま、でも、少なくとも、広末涼子の年齢が分かれば、

山口百恵が引退して何年経つのか?
ジョン・レノンが殺害されて何年経つのか?

ということが、一瞬で分かる仕組みになっている。
誰も仕組んじゃいないけど。

その広末涼子の最初の結婚が、2004年1月17日。
1月17日は、1959年に山口百恵が生まれた日。

その山口百恵のファイナルコンサートが1980年10月5日で、
10月5日は、1962年にイギリスで Love Me Do が発売され、
ビートルズがレコードデビューをした日。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ラヴ・ミー・ドゥ

ビートルズは、ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、
ジョージ・ハリスン、リンゴ・スターの四人組で、

1970年4月10日、ポール・マッカートニーの脱退表明により、
事実上の解散となったイギリスのバンドなのだけど、

その4月10日は、2004年に広末涼子が長男、というか、
まぁ、今でも長男なんだけど、第一子を産んだ日で、

2002年に、キリンが淡麗グリーンラベルを発売した日。

http://www.mirai.ne.jp/~shungen/dbkirin.html#tanreigreen

ん~、なんだろうなぁ?
結局、淡麗グリーンラベルに戻って来たなぁ ・・・

まぁ、でも、山口百恵の『としごろ』って、

♪あなたにすべてを見せるのわぁ~
♪ちょっぴり恐くて恥ずかしい~
♪わったしぃがぁわたーしで なっくぅなるぅのぉ~

で、酒乱の女性を歌った歌だと思おうと思えば
思えなくもないような気がしなくもなくもないかも?


ってなところで、いやぁ~、今回、長かったなぁ~ ・・・
これで、やっと予想に入れるよ。


一番手は、

7枠14番リスグラシュー

淡麗グリーンラベルの発売が、2002年4月10日。
2002年4月10日は、平成十四年四月十日で、十と四ばっかり。
山口百恵のデビューが、14歳の時。
こりゃもう、素直に馬番14番。

馬名意味が『優美な百合(仏)。母名より連想』で、
百合の『百』、百恵の『百』。


二番手は、

5枠10番ブラックスビーチ

淡麗グリーンラベルの発売が、2002年4月10日。
2002年4月10日は、平成十四年四月十日で、十と四ばっかり。
山口百恵のデビューが、14歳の時。
ブラックスビーチは、馬番10番で、これまで4連対。

鞍上の北村宏司騎手が、1980年生まれ。
1980年は、広末涼子が生まれ、山口百恵が引退し、
ジョン・レノンが殺害された年。

ん? いや、待てよ?
引退とか、殺害って、不吉な ・・・ まぁ、良いか。


三番手は、

1枠2番ソウルスターリング

淡麗グリーンラベルの発売が2002年4月10日。
山口百恵のデビューが、14歳の時。
一桁ごとに区切って出てくる数字が、0、1、2、4 。
ソウルスターリングは、1枠2番で、戦績が 4.0.1.0 。

淡麗グリーンラベルの発売が、今から15年前。
ルメール騎手の免許取得が、'15年。

淡麗グリーンラベルの発売が、2002年。
ルメール騎手の初騎乗と初勝利が、共に2002年。

山口百恵の『百』は、100 。
藤沢和雄調教師は、今回勝てば、重賞100勝。


四番手は、

8枠16番アドマイヤミヤビ

淡麗グリーンラベルの発売が、2002年4月10日。
2002年は平成14年で、平成14年4月10日は、14年の4の10 。
アドマイヤミヤビが2014年1月14日生まれで、14年の14日目。

山口百恵の引退が1980年10月なので、現在、引退から36年。
アドマイヤミヤビは3勝馬で、馬番16番。


以上、予想、終わり。

山口百恵が映画デビューをした映画、『としごろ』には、
和田アキ子が主演だか何だかの扱いで出演していたらしく、
その和田アキ子の誕生日が4月10日だったりするのだけど、

もう既に充分、ワケが分からなくなっているので、略。
No.15997631
2017/05/21 (Sun) 17:34:58
第78回優駿牝馬、結果
1着、1枠2番ソウルスターリング
2着、1枠1番モズカッチャン
3着、8枠16番アドマイヤミヤビ


予想に書いたので、
ソウルスターリングとアドマイヤミヤビは、略。

2着モズカッチャンは、最終的な単勝オッズが<tt>15.0</tt>倍。
淡麗グリーンラベルの発売が、今から<tt>15</tt>年前。

今となっては確認のしてみようがないのだけど、
私が予想を書き込んだ時点での単勝人気は、<tt>14.0</tt>倍。
淡麗グリーンラベルの発売が、平成14年。
山口百恵のデビュー時の年齢が、14歳。

モズカッチャンの鞍上、和田騎手が、今年、四十歳。
淡麗グリーンラベルの発売が、平成十四年。
山口百恵のデビュー時の年齢が、十四歳。

淡麗グリーンラベルの発売が、2002年の4月10日。
4月10日は、1950年に和田アキ子が生まれた日。
今回、和田騎手の騎乗馬が、モズカッチャン。


な、なるほどぉ ・・・
和田アキ子を略しちゃダメだったのか ・・・

モズカッチャンのモズって、百舌かなぁ?
だとしたら、山口百恵の『百』が入ってるなぁ。
でも、このモズって冠名なんだよなぁ?

などと思ってはいたのだけど、
ん~、そうかぁ、なるほどぉ、そう来たかぁ ・・・

いや、でも、それにしても、

1着ソウルスターリングは、
今回がG1としては3戦目で、全レースでは6戦目。
広末涼子が、現在、36歳。

2着モズカッチャンの鞍上、和田騎手は1977年生まれ。
紺野まひると滝川クリステルが、1977年生まれ。

3着アドマイヤミヤビは、これまで3勝の馬番16番。
広末涼子が、現在、36歳。

4着ディアドラは、枠番4番で、これまでに10戦。
紺野まひると滝川クリステルは、今年で40歳。

山口百恵と数字の14が予想に出てきた時点で、
『あるいは』『もしかして』とも思ってはいたのだけど、

うむぅ ・・・
このパターン、いつまで続くんだろうなぁ ・・・


と、いったこととは別に、今回、予想をしていて、
ちょっと気になったのが、アドマイヤミヤビの名前。

アドマイヤミヤビは、2014年1月14日の生まれ。
デビューは、2016年7月24日。

1月14日といえば、昨年のベッキー不倫報道第一弾が、
週刊文春の2016年1月14日号で、

その号の原色美女図鑑が、広末涼子。

その広末涼子は、2016年7月8日からTBS系で放送された
ドラマ『神の舌を持つ男』に出演していて、

その時の役名が『ミヤビ』だったのだけど、

その『ミヤビを演じているのは、広末涼子』、
だということが公表されたのが、2016年7月24日。

http://www.oricon.co.jp/news/2075618/full/

アドマイヤミヤビの『ミヤビ』って、
いったい、誰が、どうやって名前を付けたんだろう?

すげー不思議。
No.15997728
2017/05/21 (Sun) 18:33:07
宇宙少年ソラン
記憶をまさぐり、なんやらかんやら検索をしているうちに
気が付いたのだけど、

>♪マッハゴーゴー マッハゴーゴー
>♪マッハゴーゴーゴぉ~

>という歌と、家の白黒テレビの画面を覚えていて、
>ハゼドン同様、物語は、一切覚えていないのだけど、

>んー ・・・
>これ、私が生まれる前のアニメなんだよなぁ ・・・

これ、ちょっと勘違い。

ワンシーンだけ思い出したのだけど、
私が観ていたのは、たぶん、白黒ではなく、カラー。
思い出したシーンに色が着いているので。

で、白黒で観ていたのは、おそらく、『宇宙少年ソラン』。

https://ja.wikipedia.org/wiki/宇宙少年ソラン
https://eiken-anime.jp/works/detail?work_id=48

♪ソラン ソラン ソラ~ン

という歌しか覚えておらず、
ストーリーはワンシーンも思い出せないのだけど、

そもそもモノクロ作品なので、
白黒で覚えているのは、たぶん、こっちだと思う。

『アニメは観ていないけど、歌は知っている』、
という作品も、実際、あるにはあるのだけど、

その場合、アニメを見た記憶が無かったり、
『観ていない』という記憶があったりするので、

ソランは、たぶん、本当に観ていたのだと思う。

どっちにせよ、私が生まれる前のアニメなので、
子供向けに再放送をしていたか、遅れて放送されてたか、
そんな感じで、新潟での放送時期は不明。
No.15979171
2017/05/14 (Sun) 05:38:18
第12回ヴィクトリアマイル、予想
んー、なんだっけなぁ ・・・

なんか、今週、
ちょっとしたマイブームがあったんだけどなぁ ・・・

競馬とは関係ないけど、でも、私ゃ、いつも、
そういう所からの連想で予想してるんだけどなぁ ・・・

ん? いや、待てよ?
それって、競馬の予想とは言えないような気が ・・・

ま、良いや。
とりあえず、5月14日の出来事を調べてみるか。


で、いつもどおり、
ウィキペディアで、5月14日の項目を調べてみるものの、
なんか、こう、『ピン!』と来るものが見つからない。

仕方がないので、
google を使い、もう少し細かく検索をしてみたところ、

どうやら、チャップリンの初来日が、五・一五事件の前日、
1932年(昭和7年)の5月14日だったらしい。

https://ja.wikipedia.org/wiki/チャールズ・チャップリン#.E3.83.81.E3.83.A3.E3.83.83.E3.83.97.E3.83.AA.E3.83.B3.E3.81.A8.E6.97.A5.E6.9C.AC

特に『ピン!』と来たわけでもないのだけど、でも、
なんか、ちょっと面白い。

五・一五事件というのは、
当時の首相、犬養毅が総理公邸で海軍将校に殺された事件で、
このとき、犬養毅は、

『話せばわかる 話せばわかる なにごとも』

という辞世の句を
詠んだとか詠まなかったとか。(詠んでません)

ってなことは、さておき、

チャップリンは、映画監督も脚本も俳優もこなす映画人で、
代表作は、たぶん、『黄金狂時代』(<tt>The Gold Rush</tt>)。

https://ja.wikipedia.org/wiki/黄金狂時代


と、ここまで調べてみて、
『ん? 黄金?』と、何か記憶の中に引っかかりが。

そういえば、さっき見たウィキペディアの5月14日の項目に、
オルフェーヴルの誕生日が5月14日だと書いてあったはず。

オルフェーヴルは、2011年の<tt>JRA</tt>クラシック三冠馬で、
馬名の意味は、フランス語で『金細工師』。

https://ja.wikipedia.org/wiki/オルフェーヴル


『黄金狂時代』と、『金細工師』。
どちらも、『金』。

そう! 思い出した! 今週のちょっとしたマイブーム!
金だよ、金!

水曜だったか木曜だったかに、
金のボディーペインティングをした女性のヌード画像を、
なんか、もう、ずーっと探してたんだよ!

あぁ、そっか、そっか、そうだったなぁ。

海外サイトで金ピカの女性を探しながら、
山口百恵の『ロックンロール・ウィドウ』を頭の中で
再生してたんだっけ。

♪金箔美人のグルーピー
♪いつもはべらせ歩いてる

え? 違う? 歌詞が間違ってる?
<font color="#ffd700">金<font size="+2">箔</font>美人</font>じゃなくて、<font color="#ffd700">金<font size="+2">髪</font>美人</font>??


ってなところで、では、予想を。


一番手は、

7枠14番レッツゴードンキ

名前の最後、『ンキ』をひっくり返して、『キン』。
父がキングカメハメハで、最初の2文字が、『キン』。

チャップリンの初来日が昭和7年の5月14日で、
7枠の5歳馬で馬番14番。

『黄金狂時代』は1925年の映画で、日本での公開も同年。
1925年は大正14年で、馬番14番。

チャップリンが亡くなったのが1977年。
今年四十周忌。 四十をひっくり返し、十四の馬番14番。


二番手は、

6枠11番ミッキークイーン

ミッキーの『キ』と、クイーンの『ン』で、『キン』。
母の父が<tt>Gold Away</tt>で、<tt>Gold</tt>は金。

チャップリンの忌日が12月25日で、
ミッキークイーンの鞍上、浜中騎手の誕生日が12月25日。


三番手は、

3枠5番アドマイヤリード

父がステイゴールドで、ゴールドは、『金』。
ステイゴールドは、オルフェーヴルの父。


四番手は、

2枠4番ソルヴェイグ

馬名意味が、『イプセンの戯曲「ペールギュント」に
登場する金髪の美少女』ということで、『金』。

24金(<tt>24K</tt>)が純金なので、2枠4番。
No.15981347
2017/05/15 (Mon) 01:37:08
第12回ヴィクトリアマイル、結果
1着、3枠5番アドマイヤリード
2着、5枠10番デンコウアンジュ
3着、2枠3番ジュールポレール

ロックンロール・ウィドウの発売が、1980年の5月。
1980年は昭和55年で、昭和55年5月は、5が三つ。

3つの5で、3枠5番は、アドマイヤリード。

その1980年は山口百恵が引退した年で、
武道館でのファイナルコンサートが、1980年の10月5日。

馬連 5-10 で、馬番5番が優勝したので、
その連下に馬番10番。 馬番10番は、デンコウアンジュ。

そのファイナルコンサートが収録されたレコード、
『伝説から神話へ』で、ロックンロール・ウィドウは、
直前のメドレーをひとまとめに1曲として数えると、
2枚目のレコードのA面3曲目。

2枠の馬番3番は、ジュールポレール。


なるほど、そう来たか。
ロックンロール・ウィドウに注目すべきだったのか。

全然違う展開を考えていたよ。


山口百恵の歌で『金』といえば、
やっぱ、『イミテイション・ゴールド』だよなぁ ・・・

イミテイション・ゴールドは ・・・ え~っとぉ ・・・
あぁ、なるほどぉ、1977年の発売かぁ ・・・

1977年っていうと、
チャップリンが亡くなったのと同じ年だなぁ ・・・

あと、紺野まひると滝川クリステルが生まれたのも、
確か、1977年だったなぁ ・・・

タキガワとコンノかぁ ・・・
二文字目を抜き出して並べると『キン』だなぁ ・・・

まぁ、一応、ロックンロール・ウィドウも調べておくか。
発売日は ・・・ あぁ、1980年かぁ ・・・

1980年って、広末涼子が生まれた年だなぁ ・・・

でも、さすがに、今回は関係ないよなぁ ・・・

そもそもの始まりが、金箔美人なのに、
ここまで来ると、もう、関連性が無いもんなぁ ・・・


で、蓋を開けてみれば、結局、


広末涼子が、現在、36歳。
1着アドマイヤリードは、3枠6番。

滝川クリステルが、フランス人と日本人のハーフ。
1着アドマイヤリードの鞍上、クリストフ・ルメールが、
フランス人で、なおかつ、日本の騎手。

紺野まひるが、現在、四十歳。
2着デンコウアンジュは、四歳馬で馬番十番。

滝川クリステルが、フランス人と日本人のハーフ。
2着デンコウアンジュのアンジュは、フランス語で『天使』。

広末涼子が、現在、36歳。
3着ジュールポレールが、馬番3番の、これまで6連対。

滝川クリステルが、フランス人と日本人のハーフ。
3着ジュールポレールの馬名意味が、フランス語で『白夜』。


関係ないどころか、完全に、これで予想できてたなぁ ・・・
いったい何なんだろうなぁ? この呪い ・・・


あ。 いかん、こんな時間だ。
もう、寝なきゃ。

おやすみなさ~い。


( ※ 金髪美人が金箔美人で緊縛美人な夢が見れますように )
No.15958558
2017/05/07 (Sun) 03:19:43
第22回NHKマイルカップ、予想の前に
5月7日は、1901年にゲイリー・クーパーが生まれた日。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ゲイリー・クーパー

ゲイリー・クーパーは、アメリカの俳優、というか、
ハリウッド俳優で、代表作は、たぶん、『真昼の決闘』。

https://ja.wikipedia.org/wiki/真昼の決闘

『真昼の決闘』ではゲイリー・クーパーの妻役として、
後にモナコ公妃となるグレース・ケリーが出ているのだけど、
そのグレース・ケリーは、ヒッチコックのお気に入り女優で、

https://ja.wikipedia.org/wiki/グレース・ケリー

そのヒッチコックの監督処女作が、The Pleasure Garden 。
日本語タイトルは、『快楽の園』。

https://ja.wikipedia.org/wiki/アルフレッド・ヒッチコック

『快楽の園』といえば、広末ニップレス・ポーズ、違った、
広末にムニュ&hearts; ・・・ でもなくて、え~っと ・・・

あ、そうそう! ヒエロニムス・ボス!

ヒエロニムス・ボスが描いた絵画の中に、
日本語タイトルが全くの同名の『快楽の園』という作品があり、
それが、ヒエロニムス・ボスの代表作となっている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/快楽の園

この『快楽の園』というのは不思議な絵で、
描かれたのは、確実に今から500年以上も前だというのに、
何故か『犬神家の一族』のスケキヨが描かれている。


<a href="http://bbs10.fc2.com//bbs/img/_829500/829458/full/829458_1494094783.jpg"><img src="http://bbs10.fc2.com//bbs/img/_829500/829458/full/829458_1494094783.jpg" width="512"></a>


ここで言う『犬神家の一族』というのは、1976年の映画で、
スケキヨ・ポーズは、この映画から有名になったのだけど、

https://ja.wikipedia.org/wiki/犬神家の一族_(1976年の映画)

この『犬神家の一族』が先行上映された1976年10月16日は、
もう一つ、犬神家とは別に、様々な意味で話題となった映画、
『愛のコリーダ』が公開された日だったりもする。

https://ja.wikipedia.org/wiki/愛のコリーダ

『愛のコリーダ』は、阿部定事件を題材とした映画で、
阿部定事件の発生は、1936年5月18日。

https://ja.wikipedia.org/wiki/阿部定事件

この5月18日というのは、本当なのかどうか不明なのだけど、
『愛のコリーダ』で阿部定を演じた松田英子の誕生日。

ただし、松田英子は1952年生まれなので、
1936年の阿部定事件とは、もちろん、同日ではない。

https://ja.wikipedia.org/wiki/松田暎子

そして、この5月18日というのは、1973年にイギリスで、
映画『ジャッカルの日』が公開された日で、その監督が、
『真昼の決闘』の監督、フレッド・ジンネマン。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ジャッカルの日

また、松田英子の生まれた1952年という年は、
『真昼の決闘』が公開された年だったりする。

で、そういったこととは別に、
『愛のコリーダ』には、同名の洋楽が存在するのだけど、
そのタイトルの由来が、映画『愛のコリーダ』。

https://ja.wikipedia.org/wiki/愛のコリーダ_(曲)

この洋楽の『愛のコリーダ』をヒットさせたのが、
クインシー・ジョーンズで、

そのクインシー・ジョーンズの生まれた日が、
1933年の3月14日。

https://ja.wikipedia.org/wiki/クインシー・ジョーンズ

3月14日は、『真昼の決闘』の監督、
フレッド・ジンネマンが1997年に亡くなった日。

https://ja.wikipedia.org/wiki/フレッド・ジンネマン


これで、5月7日に生まれたゲイリー・クーパーから出発し、
『真昼の決闘』を通って、また、『真昼の決闘』に戻る、
という流れが見つかったのだけど、

でも、なんか、ちょっと、
連想というか、思考の飛躍が多いような気もしなくもない。

そこで、その飛躍が発生した『快楽の園』に戻ってみると、
絵画の『快楽の園』の作者、広末にムニュ&hearts;、違った、
ヒエロニムス・ボスの名前、『ヒエロニムス』というのが、
なんとなく、『エアロスミス』に似ていることに気が付いた。

エアロスミスというのは、1970年代から活躍をし、
今も活動を続けているアメリカのロックバンドなのだけど、

https://ja.wikipedia.org/wiki/エアロスミス

エアロスミスといえば、
あのシーナ&ロケッツの名曲(?)『レモンティー』。

まぁ、調べてみると、実際には、エアロスミスではなく、
ヤードバーズが元ネタだったらしいし、

歌のメロディーライン自体は、『ちょっと似てる』程度で、
問題なのは編曲(伴奏)の方なのだけど、

http://46kuma50.tuna.be/20581990.html
http://mohritaroh.hateblo.jp/entry/2014/04/28/011915

何が何だか分からないので、それは置いといて、
『レモンティー』といえば、『スネークマン・ショー』。

あるいは、『急いで口で吸え』。

https://ja.wikipedia.org/wiki/スネークマン・ショー

あんなレコード、よく、出せたよなぁー ・・・
売れると思ったのかなぁ? 売れたけど。
まぁ、でも、落語だと思えば、『あり』かなぁ?

で、そのプロデュースをしたのが、桑原茂一と細野晴臣で、

その細野晴臣の祖父、細野正文は、
1912年に起きたタイタニック号沈没事件の生き残りの一人。

https://ja.wikipedia.org/wiki/細野正文

その細野正文が亡くなったのが、1939年の3月14日。

3月14日は、『真昼の決闘』の監督、
フレッド・ジンネマンが1997年に亡くなった日。


うん。 なるほどね。
やっぱ、『真昼の決闘』に戻って来るのだね。

と、いうことは、今回注目すべきなのは、
5月7日に生まれたゲイリー・クーパーよりも、その代表作、
『真昼の決闘』かなぁ?

んー、真昼といえば、女優の『紺野まひる』だなぁ ・・・
なるほどぉ ・・・、『まひるの決闘』かぁ ・・・

紺野まひるが巨大なパフェにかぶりついている状況で、
『まひるの血糖値』とか、

紺野まひるの乳(おっぱい)がロケットになっていて、
『まひるのロケット』とか、

あー、これは、いかんなぁ ・・・

競馬の予想よりも、アイコラというか、
ふざけた偽造画像の構図が頭に浮かんできてしまう ・・・


よし!
もう、こうなったら、しかたない!

寝よっっっ!!!


( ※ 良い夢、見ろよ! )


添付画像を表示
No.15961943
2017/05/07 (Sun) 14:53:54
第22回NHKマイルカップ、予想
寝て起きたけど、やっぱり、なんだか、まとまらない。

きっと、こういう、まとまらない時は、
まとまらない頭で無理にまとめようなどとは思わず、
まとまらないまま、まとまらないなりに、
まとまらない予想をすれば良いに違いない。


ってなところで、一番手は、

1枠1番モンドキャンノ

モンドキャンノの馬主が、組合馬主のユアストーリー。
ユアストーリーってのは、たぶん、『あなたの物語』。

私の頭の中でぐるぐる回り続けているこの妄想というか、
連想ゲームというか、この感じが、なんか、そんな感じ。

広末にムニュ&hearts;が、快楽の園なスケキヨで、
まひるのロケットでレモンティーな愛のコリーダなんて、
あぁ、もう、なんてパラダイス地獄な ・・・

( ※ なんだ、そりゃ? )


二番手は、

2枠4番カラクレナイ

『真昼の決闘』が公開された1952年は、
沖縄、奄美、小笠原を除き、日本の主権が回復した年。

カラクレナイって、いかにも日本の名前って感じじゃナイ?


三番手は、

5枠10番ディバインコード

広末にムニュ&hearts;の広末 ・・・、違った、
ヒエロニムスのヒエロというのは、神聖を示す接頭語で、

https://ameblo.jp/nirenoya/entry-10128822404.html

例えば、ヒエログリフは、神聖文字と呼ばれる、というか、
訳されることもあったりする。

今回の出走馬で、そんな名前の馬が、ディバインコード。
ディバインコードの馬名意味が、『神聖な記号』。


四番手は、

8枠16番アエロリット

アエロリットの英字表記が、Aerolithe 。
アエロは、エアロスミス( Aerosmith )のエアロと同じで、
空気とか、空中を表す接頭語。


と、いったところで、
それでは、みなさん、良いお年を~っ! (← 違っ)
No.15962565
2017/05/07 (Sun) 17:13:38
第22回NHKマイルカップ、結果
1着、8枠16番アエロリット
2着、7枠14番リエノテソーロ
3着、3枠6番ボンセルヴィーソ


まとまらない、まとまらない、と思っていたら、
あぁ、もう、なんだか、結果も、まとまらない ・・・


<tt>Aerosmith</tt> = エアロスミス と似たような表記の
<tt>Aerolithe</tt> = アエロリット が優勝。

3月14日が、クインシー・ジョーンズの誕生日で、
細野正文の忌日で、フレッド・ジンネマンの忌日ってことで、
これまでJRAで3戦の馬番14番、リエノテソーロが2着。

<font color="#EE88EE">広末にムニュ&hearts;</font>の広末涼子が、現時点で満36歳ということで、
3枠6番のボンセルヴィーソが3着。


確かに、くどいほど<font color="#EE88EE">広末にムニュ&hearts;</font>と書いてはいたけど、
いや、そんな、まさか、結果のこじつけにまで出てくるとは。

ヒエロニムスと<font color="#EE88EE">広末にムニュ&hearts;</font>って、そんなに似てないよなぁ?
と、これを書いている私自身、実は、思ってたりするのに ・・・
No.15981330
2017/05/15 (Mon) 01:31:33
後から気が付いた
広末涼子が、現在、三十六歳。
1着アエロリットは、これまで重賞を三戦の馬番十六番。

紺野まひるが、現在、四十歳。
2着リエノテソーロは、馬番十四番。

広末涼子が、現在、36歳。
3着ボンセルヴィーソは、3枠6番。

紺野まひるが、1977年生まれ。
4着レッドアンシェルは、7枠で7番人気。

な、なるほどぉ ・・・
広末涼子と紺野まひるで予想をしておけば ・・・

と、思ったのもつかの間、

広末涼子が、現在、36歳。
5着オールザゴーは、これまで3勝で6枠。

紺野まひるが、現在、四十歳。
6着タイムトリップは、四枠で十番人気。

広末涼子が、現在、36歳。
7着ミスエルテは、これまで重賞を3戦の6枠。

紺野まひるが、1977年生まれ。
8着トラストは、これまで<tt>JRA</tt>で7戦の7枠。

だめだ、やっぱ、これじゃぁ、絞れねぇ。


にしても、んー、そうかぁ ・・・
1着アエロリットに2着リエノテソーロかぁ ・・・

<tt>ア エ→ロ リット</tt>
<tt>↑   ↓</tt>
<tt>リ←エ←ノ テソーロ</tt>

なるほどぉ、『エロのエリア』ねぇ ・・・
まさか、こんな所に、快楽の園が隠れていたとは ・・・

さすがは、<font color="#ee88ee">広末にムニュ&hearts;</font>!

さぁ! みなさん、ご一緒にっ!
リピート・アフタ・ミーっ!


<font color="#ee88ee"><font size="+4">広末にムニ</font><font size="+3">ュ</font><font size="+4">&hearts;</font><font size="+3">っっっ</font> <font size="+4"><i>!!!</i></font></font>


( ※ 夜中に意味不明の言葉を叫ぶのは、やめましょう )
No.15935483
2017/05/04 (Thu) 01:18:31
クリステル的『魅せられて』
No.15788662 <a href="http://meisoukairo.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=7452797#date_15788662">第19回中山グランドジャンプ、予想</a> に書いた
クリステル的『魅せられて』を作りました。


<a href="http://bbs10.fc2.com//bbs/img/_829500/829458/full/829458_1493828311.jpg"><img src="http://bbs10.fc2.com//bbs/img/_829500/829458/full/829458_1493828311.jpg" width="512"></a>


ダ・ヴィンチのウィトルウィウス的人体図からの変更点は、
以下のとおりです。

・ 頭部が滝川クリステルになっている
・ 頭部が少々縦に長く、約 <tt>7.3</tt> 頭身になっている
・ 肩にかけての頸部が細くなっている
・ 肩の筋肉が小さくなっている
・ 斜めに上げた腕が細くなっている
・ 水平に上げた腕の腋の下あたりが細くなっている
・ 胸が女性らしく膨らんでいる
・ 腰から上の胴部が細くなっている
・ チンコと金玉が無くなっている
・ 閉じている脚が細くなっている
・ 開いている脚の腿が細くなっている
・ 『魅せられて』っぽい衣装を着ている
・ 鏡文字が『魅せられて』の歌詞の一部になっている

ヘソの位置や手足などは、そのままです。

上記の変更により、ウィトルウィウス的人体図とは、
多少、バランスが変わっています。

滝川クリステルのバランスに合わせたワケではないので、
そちらとも一致してません。 ・・・ たぶん。


添付画像を表示
No.15981295
2017/05/15 (Mon) 01:16:46
滝川クリステルって、何頭身?
クリステル的『魅せられて』が、約 <tt>7.3</tt> 頭身なのは、
ダ・ヴィンチのウィトルウィウス的人体図と合成する際に、

『これ、頭頂部の位置、変えられないんだよなぁ』
『でも、8頭身だと、顔が小さすぎるんだよなぁ』

で、なんとか上手く収まる大きさに調整したところ、
結果的に、約 <tt>7.3</tt> 頭身になってしまった、というだけで、

実際、クリステル的『魅せられて』の頭部の大きさだと、
なんか、ちょっと、顔が小さいような感じ。

というわけで、滝川クリステルの全身が写っている画像を
ネットで探し、何頭身なのか調べてみたのだけど、

なんか、こう、ん~ ・・・、はっきりしない。

でも、はっきりしない理由は、はっきりしていて、
はっきり言ってしまえば、以下のとおり。

・ 髪の毛があるので、頭頂部の位置が分かりにくい
・ 頭頂部と顎先の位置は、顔の角度で変わる
・ 顎先の位置は、表情で変わる
・ ちょっとした姿勢の加減で、身長は変わる
・ 一日の中で、身長は変動する
・ 撮影の仕方で、見た目の身長は変動する

身長を測っているところを5メートル離れた位置から、
レンズをヘソの高さにして横から撮影でもしない限り、
何頭身か?なんて、分かるはずがない。

まぁ、でも、画像を調べた感じでは、だいたい、
<tt>6.5</tt> 頭身から7頭身の間かな?という感じ。

頭部が縦長、というか、細面の顔立ちで、
身長も低い、というか、小柄なので、

仮に <tt>6.5</tt> 頭身だとしても、顔の大きさは、
これでも、たぶん、ちょっと小さめ。

いや、あくまでも、『たぶん』ね。 『たぶん』。